【赤ペン添削】イベント告知文②

イベント告知文

赤ペン添削の事例を紹介します。

Facebookイベントの告知文編②

【イベントタイトル】
あなたの深層心理を紐解く「花心理カード」朝活
〜心の仕組みを知って、自分の強みをフルに発揮しよう!〜

Before

※赤字は添削コメント

自分の強みって何だろう?

俺(私)は人からどう見えてるのかな?

自分の能力を上手に活かす方法を知りたい!

 

そんな皆様、
自分の強みが発見できて、他の人から見た自分の長所も分かって
なおかつ自分の心の仕組みを知ることができて使いこなせるとしたら、
気分がスッキリしそう!と思いませんか?^^

→上のセリフに対して、そのままのことを言っているのだけなので、もったいないです。
悩みを提示したら次は「共感」を示し、ターゲットの気持ちを引き込んでいくことが大切です。

また、基本的に告知文章を上から下までしっかり読む人の方が少なく、興味をなくした時点で
すぐ読むのをやめ離脱してしまいます。
なので、無駄を省き【読み手(ターゲット)の興味を惹きつけ続ける設計】も必要です。

しかもそれが、お花の写真のカードを直感で選ぶだけでできるなんて、ワクワクしませんか??♡

“あなたの深層心理を紐解く「花心理カード朝活」”では、
造形心理学や色彩心理学、フラワーエッセンスの理論などを応用したお花の写真のカードを使って
グループワークを行い、参加者同士でお互いの強みを発見していきます!

 

自分の深層心理と、他者から見た自分の強みを知ることができます♪

と、同時に、心の奥深くにあるモヤモヤも解決できちゃうかも!?

 

一対一で悩みをヒアリングし診断するカウンセリング用のツールとして作られた花心理カード。

今回はドクラボ版として特別にグループワーク仕様にアレンジしました!

→「グループワーク仕様」であることがターゲットにとってどんないいことなのか?(ベネフィット)を書いてあげないと、ベネフィットとして伝わりません。【ターゲット目線でのベネフィットを提示する】

この機会に皆様ぜひぜひ、自分の深層心理を知り、自分の活かし方を知ってスッキリ!な
銀座の朝を体験しに来てくださいね♡

 

 After(坂下アレンジ案)

「自分の強みって何だろう?」

「俺(私)は人からどう見えてるのかな?」

「自分の能力をもっと上手に活かす方法を知りたい!」

↑悩み・欲求

強み能力の活かし方を知ろうとした時に

紙とペンを持って一人で頭を悩ます自分の姿を

思い浮かべる人もいるかもしれません。

↑共感・(ターゲットにとっての)常識

でも、もし【カードを直感で選ぶだけ】で

自分の強みが発見でき、他の人から見た自分の長所も分かって

なおかつ、自分の心の仕組みを知り、それを使いこなせるとしたら、

なんだかワクワクしてきませんか??♡

↑常識の破壊

“あなたの深層心理を紐解く「花心理カード朝活」”では、

造形心理学や色彩心理学、フラワーエッセンスの理論などを応用した

お花の写真のカードを使ってグループワークを行い、

参加者同士でお互いの強みを見つけあい、

自分の深層心理と、他者から見た自分の強みを知ることができます♪

↑ベネフィット(ターゲットが得る変化)

それと同時に、心の奥深くにあるモヤモヤもスッキリ解決できちゃうかも!?

 

もともと一対一で悩みをヒアリングし診断するカウンセリング用のツールとして作られた花心理カード。

今回はドクラボ版として、対話を通して理解がより深まるグループワーク仕様に特別アレンジしました!

↑ベネフィット(ターゲットが得る変化)

この機会に皆様ぜひぜひ、自分の深層心理や活かし方を知って、

スッキリ!ごきげんな銀座の朝を体験しに来てくださいね♡

 

【赤ペン添削】イベント告知文①

【赤ペン添削】イベント告知文③